Blog

  1. HOME
  2. ブログ
  3. インテリア
  4. 商品撮影の風景★

商品撮影の風景★

こんにちは、色彩設計で幸せ時間増やすお手伝い、カラーリスト浅野直子です。

梅雨明けたの?どうなの?という空が続いていましたが、明けました。でも相変わらすジメジメです。皆さんの地域はいかがでしょうか?

ところで、これから、ルー大柴さんならぬ、「ルー直子」になる時があります笑(^^;)
というのも、英会話をマイペースに始めました。とてもマイペースに、です。

頭の中で頑張って、英語を話そうとすると、ルー直子になってしまいます。。。

さて、今日は、商品撮影に携わらせてもらったお話です。

その商品とは「お米」です。

お米の袋をじっくりと見たことありますか?(ちなみに私はなかったです)
が、基本的にビニール素材の袋がスーパーの並んでいることが多いですよね。
ビニールに、カラーの印刷がされています。

私は、昔ながらの、茶色い、クラフト感のある袋(現地・農家直送的な)
が好きです。

お米と透明ビニールの組み合わせが少し、しっくりこないと勝手に思っています。あくまで個人の感想です笑

そして、今回、そのお米の袋を主婦さんたちが「可愛く、キッチンに置いてくれたらいいね」

という、お米農家さんからの依頼で、カラーデザインに携わらせていただきました(^^) 実際の写真はまた次回。
白の表面が紙質のお米袋、それにブライト・ライトトーンのカラフルな模様。
のデザインにしました。
そして、紐の部分が、ピンクです。
早く、可愛いものが好きな方のキッチンに届いたら嬉しいです。

さて、面白いことの、商品パッケージの撮影はサクッと終わり、
その後、ホームページの販売ページ用のシーンの撮影に
カメラマンさんにご尽力いただき、時間をかけて撮影しました。

ここには、あまりはっきりとしたカラーが出てこなかったのですが、
雰囲気作りの中に、効果的にカラーを登場させたいなーと考えながら
作っていきました。

★本日のカラーpoint

・ 日常的な食事の色を活かす⇨今回は、「日常の朝ごはん」がテーマ
・ テーマにより、勿論食器や小物の色、テイストを変える
・ 今回のテーマのような場合は、「白基調の食器+小さい面積のポイント明るいカラー」でコーディネートする。です。

毎日の食卓の色って、なかなか意識が向かない方も多いのではないでしょうか?
かくいう私も、なかなか目が向きません。要は慣れているものを無意識に使う。
魚はこのお皿、サラダはこのお皿、と定番もあると思います。(整理収納・断捨離の視点からだと、余計な食器は捨てる!なので、更に定番の食器バリエーションになるかもですね)

でも、そこにワンポイントだけ、キーカラーを決めてみるのも楽しいですよ。

特に、今は新型コロナで元気が出にくい状況、
夏野菜の定番トマトの赤、で元気を出す色使いも良いですし、
色が足りないなーと思う時には、ランチョンマット一つ、お箸、カトラリー等
どこかに、明るいお色のキーカラーを入れてあげてください。

それでは、また。  Enjoy colour!

カラーリスト浅野直子

Liv.colourでは色彩設計・カラーコーディネート塾・インテリアコーディネイトをご提供しています。フォームよりお気軽にお問合せください。


関連記事